Αἰών Χριστός Ἐκκλησία アイオーンキリスト教会

アイオーンキリスト教会へようこそ。

アイオーンとは聖書のギリシャ語で、「永遠」という意味があります。

この教会は、永遠のいのちへの架け橋となる教会です。

初代教会のように、民家風で、素朴で、温かく、心落ち着く教会です。

聖書に基づく福音主義の、単立教会です。

生きがい、喜び、希望、忍耐。この神のことばを、この教会はお届けします。

新約聖書『マタイの福音書』4章4節より
人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる

活動内容

参加は原則無料です。

早朝礼拝
日曜あさ9時〜10時
主日礼拝
日曜あさ10時30分〜正午
宮脇町聖書教室初級科通常講座(聖書学び会)
木曜あさ10時〜正午
宮脇町聖書教室初級科《キリストの道》基礎講座
木曜ひる1時〜3時随時 (要申込)

地図・連絡先

教会名
アイオーンキリスト教会
所在地
760-0005 香川県高松市宮脇町一丁目14番21号
電話
087-833-1923 (home&work; voice&fax)
ファクシミリ
087-833-1923 (home&work; fax&voice)
電子メール
ウェブ
公式ウェブサイト
Google+(試験運用中)
牧師
正木 弥(本名、山﨑敏秋山崎敏秋とも)

メッセージ

現代人の問題は…

ある人たちは、幼いときから周囲の人と同じように考え、同じように生き、それで良しとしてきましたが、結局は、前後100年足らず、狭い世界の中で、自我を張り、自己中心に生きています。そこから、家族間ですら衝突が絶えず、バラバラになり、無縁社会を孤独に過ごす人が多くなっています。これでは決して幸福とはいえません。

多くの人にとって、そもそもの生きる目的、自分が存在する意味が分からなくなっています。それは、むなしさを生み出し、それを忘れるため、楽しさがすべての基準になっています。一方で、我欲追求の生き方になって、不正・不道徳・見苦しい人生になりがちです。他者との比較や競争ゆえに疲れ、不満・不安にさらされています。

改善の方向は…

聖書とキリストには、神の義と愛があふれており、生きる目的と真の幸福が示されており、また、そこに至る方法も示されています。もし、人がそれを求めて生きるなら、喜びが与えられ、希望と確信をもって、強く、雄々しく生きることができます。

キリスト・イエスのみことば ―新約聖書『ヨハネの福音書』より―
わたしのところに来る者を、わたしは決して捨てません。6章37節
信じる者は永遠のいのちを持ちます。6章47節
わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。14章6節
わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。14章27節

このようなキリストの道を、アイオーンキリスト教会はお示しします。

あなたの人生の目的は何ですか?

途中までは何かあるでしょう。しかし、いずれ死んで、消えてしまうものばかり。それを思うと途端にむなしさを感じるのです。

このむなしさ感は、神様からの警鐘です。気晴らし、紛らし、あきらめでは解決になりません。むなしさ感はあなたが滅んでしまわないように、という語りかけです。

せっかくの機会ですから、人生の由来・意味・帰結などをいっしょに考えてみましょう! そうすれば、良い道、素晴らしい希望、確かな生きがいが与えられるのです。

キリスト教は良いことをたくさん始めました

たとえば、

明治以来、日本の近代化はキリスト教なしには考えられません。良い実を結ぶのは良い木です。―『マタイの福音書』7章17〜18節、『ルカの福音書』6章43節

キリスト教は悪い宗教ではありません 〜平和を求めます〜

いわゆる新興宗教でもないし、カルトでもない。マインド・コントロールもしない。去るも自由、強制もない。冷静な理性ある判断を尊重します。逆に、熱中もできますが。

キリスト教は本来、平和の宗教です。それを悪用した帝国主義、強欲資本主義、間違った愛国主義、自民族中心主義、自我的領土運動、産軍複合体などの世俗政府が戦争を推進してきたのです。真のキリスト教はそれらに反対します。

歴史や科学の好きな方へ

わたしたちも好きです。

聖書は深く読むといろいろな科学的思考にも耐えるものです。聖書の理論はあいまいではありません。

聖書は7割くらいを歴史的事実に関する記述が占めています。これに言語・民族・哲学・詩・考古学・地理などがからんでおり、知的な刺激に満ちています。

聖書を知らずに普遍的文化を理解できません。この聖書をごいっしょに読みましょう。

苦悩をも誘惑をも乗り越えて、勇壮な人生を!

人生には災難、病苦、不運、失敗などがつきもの。誘惑、欲望、わがままなども足を引っ張ります。なかなか幸福になれないですね。

しかし、キリストと聖書は確固たる世界観・人生観を、また、ぶれない基準を与えてくれ、なぐさめ、はげましを与えてくれます。この世の不公平・不条理・不満足な境遇を耐えさせ、困難なことにも取り組む力も与えてくれます。

そして、ついには永遠のいのちへと導いてくれます。これこそ生きがいのある人生です。

聖書をごいっしょに読みましょう!

聖書はまことの知恵・力・いのちに満ちており、信頼して読む者に、希望と忍耐と平安を与えてくれます。

そこには、神様からのメッセージがあります。

これを知らないでは大きな損の人生になるでしょう。そこにある様々な宝石を掘り出し、ご自分のものにしてください。この世のどんな物よりも価値あることを実感できるでしょう。